これで失敗しない!店舗デザインで成功する方法

コンセプトを明確化する

店舗デザインで失敗してしまう人に多いのはコンセプトを具体的に決めていないことです。コンセプトが抽象的なままでは店舗デザインを手がける業者側を悩ませることになります。結果的に業者側に委ねるような形になってしまっているため、自分の思い描いているものとは異なるデザインになってしまうケースも考えられます。そのような失敗をしないためにもコンセプトの明確化は行っておきましょう。例えばどのような年齢層をターゲットにした店舗なのかという部分を決めるだけでもデザインの仕方は変わります。高齢者向けであれば落ち着いた印象の店舗デザインになりますし、ファミリー向けの店舗にしたいのであれば賑やかな印象や明るい印象を与えられるような内装になるでしょう。

他店舗の状況を知っておく

具体的なコンセプトが思い浮かばない場合には他店舗へと訪れてみるのが効果的です。他店舗に行けば自分の発想になかった手法が見つけられるかもしれません。他店舗に行くことで参考になりやすいポイントは商品の配置です。店舗デザインを考えているときには内装や外装ばかりに気を取られてしまいやすいですが、販売目的で店舗を作るのであれば商品の売れやすさにも気を配る必要があります。売れてほしい商品や人気商品を消費者の視界に入るような配置をするだけで売り上げのアップが見込めるでしょう。

スタッフの働きやすい環境を作れるような店舗デザインも重要です。他店舗に行くときにはスタッフルームを見ることができませんが、消費者と接する場所でのスタッフの働きやすさがどうなっているかは知ることができます。

内装デザインはまずコンセプトを決めます。ナチュラルやスタイリッシュ、カジュアルなどイメージを具体的にしましょう。